アルゴフラッシュ 世界記録 保持の園芸肥料

          

Home

World Records

How to Use

New Cap

Balance

Elements

Absorb

Pure

Algo (Video)

Links/Webrinks

アルゴフラッシュの肥料はバランスがとれています。

肥料は次の3つの理由から与えられます。

(1) 土壌の不完全さを補正します。

(2) 植物の生長に必要な栄養素を十分に供給します。

      その必要性は、生長過程に応じて変化します。

      根付き:    りんの豊富な肥料

      生長初期: 窒素含有肥料

      生長中期: 開花を促し植物を頑丈にするためにりんの豊富な肥料

      生長末期: 加里含有肥料

(3) 土壌がやせるのを防ぐ。

植物は、それの必要に応じて根の組織を介して無機要素を吸収します。全ての要素が同じ割合で吸収されるわけではありませんが、どれも不可欠です。要素の1つでも不十分ですと、植物は適切に生長できません。

 

土壌に直接溶け込んだ肥料は、植物の支根によって吸収されます。水が、植物が必要とする水溶性無機塩分である栄養素を運びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肥料工学の理論は2つの基本的な法則(補償と相互作用)に基づいています。

(1) 植物に消費される無機要素は補給されなければならない。。

        このことは補償と呼ばれます。

(2) 各栄養素は、お互いに相乗的に働くものと、拮抗的に働くものがあります。

        このことは、相互作用と呼ばれます。         例えば、

      りんとカルシウムは、拮抗作用が働きます。

          りんとマグネシウムは、お互いに相乗的に作用します。

      加里は、マグネシウムと鉄に対して相乗作用があり、

          鉄とりん酸塩は、お互いに拮抗的に作用します。

 

 

アルゴフラッシュ肥料の適切な配分は、  これら全ての栄養素の間の完全な相互作用を引き出します。  

植物は、アルゴフラッシュ肥料をどんどん吸収します。