アルゴフラッシュ 世界記録 保持の園芸肥料

          

Home

World Records

How to Use

New Cap

Balance

Elements

Absorb

Pure

Algo (Video)

Links/Webrinks

 

植物に必要な無機要素

植物は、生長に必要な全ての要素をその生育環境(空気、土、水)から吸収します。空気からは炭素と酸素を吸収します。土からは水素、酸素、そして無機要素を吸収します。植物が必要とする無機要素は、窒素、りん、加里、硫黄、マグネシウム、カルシウムと6種類の微量要素です。植物の根は、土壌水分に溶け込んだ無機要素を吸収します。植物の生長には12種類の無機要素が不可欠で、それぞれが特定の役割を果たします。

窒素(N)

窒素は、茎と葉の成長に必須の成分です。

りん(P)

りんは、根の成長を促進し、開花を促します。

加里(K)

加里は、光合成を助け、花の色付を良くし、寒さや乾燥や害虫に対する植物の抵抗力を高めます。

マグネシウム(Mg)

マグネシウム(苦土)は、葉緑素の生成に必須な成分です。また、りんの吸収を助け、植物の光合成活動とエネルギー生成に不可欠です。

カルシウム(Ca)

細胞の構成要素であるカルシウムは、植物を病気に対して強くします。当成分は、水と土の中に存在します。

硫黄(S)

硫黄は、たん白質と酵素を生成する際の重要な要素であり、従って植物の成長に不可欠です。硫黄は空気中に広く存在し、また雨も植物の必要とする硫黄分の一部を供給します。

 

6種類の微量要素

ほう素(B)

ほう素には3つの役割、即ち成長ホルモンを調節して生育を促し、カルシウムを固定し、花付を良くします。

マンガン(Mn)

マンガンは、葉緑素の生成と光合成活動に必要です。これは生長活性化成分です。

モリブデン(Mo)

モリブデンは、窒素同化のプロセスに寄与します。

鉄(Fe)

鉄は、葉緑素の生成に必要です。鉄分は植物組織内の限られた場所に見られますが、これは鉄分欠乏による黄白化症状が葉のみに現れることによっても説明されます。

銅(Cu)

銅は、植物の呼吸の調節機能を果たします。ただし、銅の過剰摂取は植物にとって有害です。

亜鉛(Zn)

亜鉛は、成長過程をコントロールするホルモンとしての役割を果たします。欠乏すると花や果実や茎が生育不全となり、節間がつまります。